「やる夫と学ぶホビーパソコンの歴史」のご案内と目次

※この項目は常に最上位に表示されています。
「やる夫と学ぶホビーパソコンの歴史」はおかげさまで2015年2月に完結いたしました。
なお、2016年5月に新しい番外編を追加しました。
以下、本シリーズに関するご案内と目次です。
  • 日本のパソコン、特にホビーパソコンの歴史を紹介しております。
    なお、ホビー向けでなくても、結果的にホビー目的で使われたパソコンを含みます。
  • おおむね時系列順に、各機種の特徴や有名なゲームなどを紹介しています。
  • どの機種を紹介するか、またその分量については、作者の主観によるものとさせていただいています。
  • 内容にお気づきの点などございましたら、コメントなどでお知らせいただければ幸いです。
  • 特定の機種の情報を確認したい方は、索引をご利用ください。
  • 携帯端末などでアスキーアートの表示に問題がある場合は、keageLogさんの
    「ブックマークレットで iOS,Android 端末でも綺麗なアスキーアート(AA)を表示しよう!」
    参考にしてみてください。

1979年まで

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

電ファミニコゲーマーの連載4回目、「アクションゲーム」「シューティングゲーム」編が掲載されました

タイトルのとおり、第4回目の記事を電ファミニコゲーマーに掲載いただきました。

ガンダムの名シーンが「シューティングゲーム」という言葉を生んだ!? アクション、シューティング…ゲームのジャンル分けの歴史を徹底考察!

ぜひともよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

「昭和40年男」に、X68000とマックII、ならびにアフターバーナーの記事が掲載されました

タイトルのとおり、本日発売の隔月刊誌「昭和40年男」に、X68000とマッキントッシュII、ならびにセガの体感ゲーム「アフターバーナー」について書いた記事を掲載いただきました。

昭和40年男 Vol.46|定期刊行誌|株式会社クレタパブリッシング

本編で触れなかったマックIIに加え、X68000やアフターバーナーについても、新たに調べた事柄が加わっておりますので、お手にとっていただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

電ファミニコゲーマーの連載3回目パート2、「ボス」編が掲載されました

タイトルのとおり、第3回目のパート2の記事を電ファミニコゲーマーに掲載いただきました。

【やる夫と徹底検証】ゲームの「ボス」という言葉の起源とは――『ポートピア』『ツインビー』『悪魔城ドラキュラ』…ジャンルごとに「ボス」の歴史を辿ってみた

ぜひともよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

「昭和40年男」に、TK-80シリーズの記事が掲載されました

タイトルのとおり、本日発売の隔月刊誌「昭和40年男」に、TK-80シリーズについて書いた記事を掲載いただきました。

昭和40年男 Vol.45|定期刊行誌|株式会社クレタパブリッシング

本編第1話と第2話のあたりの内容をコンパクトに凝縮した感じですが、少し違った切り口も加えておりますので、お手にとっていただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

電ファミニコゲーマーの連載3回目、「ラスボス」編が掲載されました

タイトルのとおり、第3回目の記事を電ファミニコゲーマーに掲載いただきました。

【徹底検証】ラスボスといえば小林幸子? いやいや藤崎詩織(ときメモ)? やる夫と「ラスボス」用例史を学んでたら、二人のどっちが先にゲームに登場したか気になってきた……

ぜひともよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

「やる夫と学ぶ「裏技」という言葉の誕生」が電ファミニコゲーマーに掲載されました

先日の「やる夫と学ぶ「経験値」という言葉の変遷」がおかげさまでご好評をいただき、第2回目にあたる記事を電ファミニコゲーマーに掲載いただきました。

【徹底検証】やる夫と学ぶ「裏技」という言葉の誕生。そこには昭和の男性諸君を“賢者”にした「禁断のメディア」の俗称が影響していた…!?

ぜひともよろしくお願いいたします。

| | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

「やる夫と学ぶ「経験値」という言葉の変遷」が電ファミニコゲーマーに掲載されました

「やる夫と学ぶホビーパソコンの歴史」からのスピンオフとも言える新作を、電ファミニコゲーマーに掲載いただきました。

【徹底検証】ドラクエのせいで日本語が変わったってホント? やる夫と学ぶ「経験値」という言葉の変遷

今までの本編や番外編と同様にお楽しみいただけるかと思います。
ぜひともよろしくお願いいたします。

| | トラックバック (0)

2017年1月22日 (日)

「やる夫と学ぶホビーパソコンの歴史」機種別索引

  • この項目は試験的に設置したものです。
    本文にて、スペック表つきで紹介した製品を一覧にしています。
    現在のところ、本文でスペック表なしで紹介している製品は、ここには挙げていません。
  • 基本的に、機種名を英字書きにした場合のABC順に列挙しています。
  • モデル名や型番の末尾が異なる製品が異なる時期に発売されているものについて、
    最初に発売されたもののみモデル名等を省略している場合があります。

A

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月26日 (木)

やる夫と学ぶホビーパソコンの歴史 番外編 「『コマンド?』ってなんなのさ ~『?』マークをめぐる探究~」




       |┃三   / ̄ ̄\
       |┃三 /  \,_.  \     前回からちょっと時間があいてしまったな。
       |┃  (●)(● )    |
       |┃  (__人__)      |     今月、つまり2016年5月は、1986年にエニックスが
   ガラッ .|┃  ヽ`⌒ ´     |
       |┃   {         |      ファミリーコンピュータ用ソフト「ドラゴンクエスト」を発売してから、
       |┃三  {        /
       |┃    ヽ     /      ちょうど30年になるだろ。
       |┃  .   ン    ヽ
       |┃三   /     |
       |┃(⌒二_/|   . |



         ___
       /      \
      /  ─   ─ \          えーと、本編だと第19話で話が出てたお。
    /    (●) (●) \
    .|      (__人__)   |    __   たしか、発売直後から大人気ってほどではなかったんだったかお。
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒      /     /     /
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

やる夫と学ぶホビーパソコンの歴史 番外編 「移植の『い』」




                     ¦
      / ̄ ̄ ̄\     __j!__
    / _ノ   ヽ、 \       ̄|! ̄
    |   (●) (●) |       ¦           _j|_
.    |  (__人__)  |                    ̄|! ̄
     |   `⌒´   .|               ____
     |        }    *      /_― ' ―_\
     ヽ       }         /(●)   (●) \     2016年、明けましておめでとうございますお。
      ヽ     ノ          /::::::⌒(__人__)⌒:::::: \
十     /ゝ ''''''/>\      |     |r┬-|       |    「やる夫と学ぶホビーパソコンの歴史」の本編は
     / イ(,,,/  / ヘ      \    `ー'´    /
     / l  | Y  |  / l ヘ     /    ,イ(, ,,)/>  \   完結したけど、今年もよろしくお願いいたしますお。
    ( |  | :、 |  /  |  )    ( l  ヘ |:Y |  /   l )



       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \     さて、去年を振り返るといろいろあっただろ。
     |    ( 一)(●)
     |     (__人__)    中の人の周りでは、2007年に発表され、翌年にはPC-6001の実機でも
      |     `⌒´ノ
      |   ,.<))/´二⊃   動くようになった松島徹氏の「特攻空母ベルーガ」が、セガの「龍が如く0」の
      ヽ / /  '‐、ニ⊃
      ヽ、l    ´ヽ〉    連動コンテンツとしてプレイステーションVita用に
       ,-/    __人〉
      / ./.   /    \    パワーアップ移植されたのが話題だったな。
      | /   /     i \
      |"  /       | >  )
      ヽ/      とヽ /
       |       そ ノ

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«やる夫と学ぶホビーパソコンの歴史 番外編 「シート式磁気録音機とドクター中松の誕生」